繁華街にはウソにウソを塗り固めた人がたくさんいます

 

水商売人は濃いキャラが揃っていますが、お客さんも濃いキャラがたくさんいます。

私のプロフィールはこちら

普通の会社員なのに、毎日繁華街に来る人(サラ金漬けか、会社の金を少しつまんでいる)。

本当は親の年金や貯金で暮らしているただのニートなのに、実家で商売を手広くやっていて、優秀な二代目風に嘘アピールする人。

 

またはウソを巧に積み上げて、他人にお金を出させて自分のお店をオープンさせる人。

ウソを積み上げているので、オープン後にお店の経営が上手く行かなくなるのは当然の流れ。

そうなると、その人は逃げて消えるパターンで、お金を出した人がげっそりになる。

 

欲望渦巻く街ですからね、色んな人がいます。

中でも一番長い付き合いのホラ吹きさんは、私が水商売を始めた時からの知り合いでO山さんと言います。

まとまったお金をポンッと使ってくれるお客さんで、超お金持ちの生まれなのかな?と思っていたら、この人は実家が美容室をしていて、自分はその店を管理してるそうです。

 

そこで、美容師免許もってるの?と聞くと、持ってなくてお金の管理だけをしていると言います。

ただ一個人の美容室がお金の管理が必要なほど儲かるのか?という疑問もありますが、会話の流れで店舗の場所を聞いても、正確には教えてくれないのです。

 

でもわざわざ領収書はもらう小細工をやります。

超怪しいですよね。

このO山さんの美容室経営については、10年くらい付き合っても、最後まで真相は分かりませんでした。

 

それと今でもたまに顔を出す居酒屋の店長で、S原さんという人がいます。

このS原さんは、例のO山さんの紹介で知り合いました。

私がお店をオープンして少しした26歳くらいの時でしたが、

 

『おれ居酒屋はじめたからお店に行こうぜ!』

『まじっすか?いつの間に?』

 

などと誘われて、そのO山さんに付いて行ったら、そのお店のカウンターの中に立っていたのが、S原さんです。

S原さんはオーナーであるO山さんに対して、ずけずけとモノを言うタイプの人なので『オーナに対してけっこう言う人だな~』という印象でした。

そのお店は1年後くらいに、家主との家賃交渉が折り合わず閉店したらしいのですが、『S原さんがあんな感じなので仕方ないかな』という感じです。

 

さて、ここからが本題です。

私が水商売を卒業してから、例の居酒屋でS原さんと再会して、『そう言えばO山さんは元気してます?』と私が聞くと、『いえ、田中さんの方がよく知ってるんじゃないですか?』と、S原さんに言われたのです。

んん?

どういうことだ?

勘のよい方はもうお分かりですね。

 

O山さんは、田中にはS原さんを自分の従業員と紹介し、S原さんには田中を自分の従業員と紹介していたのです。

つまり私が当時経営していたお店は、O山さんがオーナーで、私は雇われ店長というカタチですね。

そしてS原さんのお店も、O山さんがオーナーで、S原さんは雇われ店長というカタチ。

 

完全に詐欺師の手口ですね。

私たち2人はすっかり騙されていました。

そりゃ本当は従業員じゃないから、S原さんがO山さんにずけずけとモノを言うのも、おかしなことじゃないですよね。

 

とくに大きな被害はないですが、たぶん行く先々の色んなお店で、

『田中はうちの従業員だから』

『S原にお店を任せているから』

と言われてたんだろうな、とS原さん振り返って大笑い。

 

上手くやれらましたね。

このように繁華街にはウソにウソを塗り固めた人が、たくさんいます。

蓋を開けてみたら、中身は何もなかったという人ですね。

飲み屋で知り合った人は、とりあえず、すぐには信用しないようにしましょう

 

ABOUTこの記事をかいた人

田中洋平

かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。