コンピ1位90の新馬戦は回収率141%!

 

今回は同業者と電話で会話していた中で出てきた、とても重要なことを紹介します。

それは「データには、裏付けと理由が必要!」ということですね。

TARGETをイジっていると、回収率100%を超えるパターンがたくさんあります。

出あったこと、ありませんか?

TARGETのレース検索を使っているなら、きっとあると思います。

 

その場合、まず「なぜ?回収率が100%を超えるのか?」これを自問自答してください。

例えば、2016年のコンピ1位90の成績をTARGETで調べると、

新馬戦の成績に限れば、

 

勝率80% 連対率80% 複勝率100%

単勝回収率141% 複勝回収率116%

 

このようにかなりスゴイ成績です。

しかし、これをそのまま鵜呑みにせず、自問自答するようにしましょう。

・1年間だけのデータで大丈夫か?

・なぜ新馬戦は、成績と回収率が良いのか?

これを脳が溶けるくらい自問自答してください。

まず、1年のデータでは少なすぎると個人的に思うので、直近5年分のデータで調べてみます。

 

勝率63% 連対率80% 複勝率90%

単勝回収率100% 複勝回収率100%

 

やはりデータ母数を増やすと、成績が変わってきます。

ここで注意して欲しいのは、データ母数に正解がないということ。

「最低でも3年分は必要ですか?」

「データの母数は、どれくらいあれば大丈夫ですか?」

こんな質問をいただくことがあるのですが、難しい質問です。

3年分でもデータが30しかなければ、厳しいでしょう。

単純に年数で考えるのは、危険だと思います。

ではどれくらいの母数があれば正しく検証できるのか?

これは勝率と出現頻度に関係してくるので、一概には言えないですね。

検証を繰り返すことで、バランスの良い着地点をご自身で見つけてください。

 

次に、なぜ新馬戦は、コンピ90の成績が良いのか?

これを考えないといけません。

例えば、

新馬戦は情報が少ないので、コンピ90でも人気を被りにくのではないか?

などと考えることができますが、個人的にこの理由は腑に落ちないです。

他にも、納得する理由が思いつきません。

ですので、コンピ1位90を新馬戦で狙う作戦は、私的にはボツとなります。

こういう事例は、他にもたくさんあります。

その場面に遭遇した場合、

「データには、裏付けと理由が絶対に必要だ」

ということを思い出して、厳しく自問自答してください。

ABOUTこの記事をかいた人

田中洋平

かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。