コンピとマイニングをクロスする

今日はコンピ指数と、

JRA-VANのデータマイニングについて。


まずデータマイニングについてですが、詳しくはコチラ↓


http://jra-van.jp/fun/dm/mining.html


2014年4月から、これまでのタイム型にプラスして、

対戦型マイニングというものが追加されました。


今日紹介するのは、コンピ1位の時に、

タイム型&対戦型マイニングが1位の時はどうなのか?


では、順にクロスさせて行きましょう。


◆コンピ1位

勝率31% 連対率51% 複勝率63%

単勝回収率79% 複勝回収率85%



◆コンピ1位×タイム型マイニング1位

勝率35% 連対率56% 複勝率69%

単勝回収率77% 複勝回収率86%



◆コンピ1位×タイム型マイニング1位×対戦型マイニング1位

勝率38% 連対率59% 複勝率73%

単勝回収率77% 複勝回収率89%



クロスするに連れて、成績は上がりますが、やはり妙味はナシ(^^;


なので、コンピ指数値に注目してみると、


指数値が72~66の場合、


勝率29% 連対率40% 複勝率56%

単勝回収率104% 複勝回収率89%


となります。


もしオッズを見れる環境なのであれば、単勝4倍~10倍だったら


勝率28% 連対率43% 複勝率61%

単勝回収率119% 複勝回収率104%


オッズタイプは、ここ2年半くらいで、83頭しか出現しないパターンです。


しかし2年半ということは、約30ヶ月。


月に2.7頭は出現する計算ですので、ひとつの武器にはなりますね(^^


信頼できるデータをクロスさせて、データの精度を高める!


実は信頼できる馬なのに、他の投票者が気付いておらず、

オッズが甘くなっている場合は、チャンスタイム!です。


この考え方は大切ですので、憶えておいてくださいね~!

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

競馬の非常識な成功法則

とにかく競馬は『正解を知っている少数派』に入らなければ勝てません。あなたに競馬ファン心理の逆を行く考え方を伝授するので、馬券でプラスになってください。