コンピ指数1位87をデータ面から分析する

 

今回はコンピ指数1位87をデータ面から分析していきます。

その前に超レアケースのコンピ1位89ですが、出現したら高い確率で馬券に絡んでいます。

コンピ1位90と同等の成績が期待できると思うので、発見したら注目してみましょう。

では本題ですが、コンピ指数1位の上位は、なぜか奇数の出現が少ない傾向です。

 

90 ← 多い

89 ← 少ない

88 ← 多い

87 ← 少ない

86 ← 多い

85 ← 少ない

 

なぜなのか?

私には分かりません。

なにか算出時のルールがあるのでしょう。

コンピ1位87は、過去10年で274回の出現していて、

 

勝率41% 連対率63% 複勝率73%

単勝回収率79% 複勝回収率86%

 

このような成績です。

前後の指数値の勝率と見比べてみると、

 

コンピ1位88の勝率は44%

コンピ1位87の勝率は41%

コンピ1位86の勝率は40%

 

このように指数値と成績は正しくリンクしています。

なぜ奇数が少ないのか?ということをTARGETでいろいろ調べてみましたが、やっぱり特徴なし。

ただ前走1着馬の成績が良好です。

 

勝率56% 連対率67% 複勝率81%

単勝回収率118% 複勝回収率100%

 

でも、この考え方はコンピ指数ではアウト!です。

『コンピ1位87』をオッズに置き換えると、『1番人気2.2倍』くらいでしょうかね。

このオッズで前走1着だったらなぜ強いのか?がハッキリしないことが理由です。

コンピ指数攻略で間違えやすいポイントなので、注意するようにしましょう。

オッズに置き換えて、なぜそうなるのか?を、誰に話しても説得できる理論であればOKです。

あとは、東開催と西開催のどちらによく出現するか?ですが、

 

東開催 86回

西開催 171回

北海道開催 17回

 

西開催の方が出現が多いですが、これと言った特徴なし。

奇数で出現数が少ないと言っても、私たちの知れる範囲では指数値どおりの評価なのだと思います。

また機会があれば、コンピ指数に関係する人に聞いてみます。

田中洋平のコンピ指数活用講座

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

田中洋平

かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。