東京ダートのマイニング1位はドル箱!

 

マイニングはダートが得意です。

 

これはタイム型も対戦型も同じ傾向で、昔から有名ですよね。

 

例えば、

 

◆タイム型マイニング1位

芝 ⇒ 勝率20%

ダート ⇒ 勝率25%

 

◆対戦型マイニング1位

芝 ⇒ 勝率22%

ダート ⇒ 勝率25%

 

このようにダートの方が、成績が優秀です。

 

あとはクラス・競馬場・距離別なんかで調べると、

プラスになるパターンがありますよ~という意見も多数いただきました。

 

タイム型の場合、

 

・芝orダート

・距離

・クラス

 

これらのファクターで28分類した予測モデルとなっています。

(障害の1モデルを含む)

 

対戦型の場合、

 

・芝orダート

・クラス

 

これらのファクターで6分類した予測モデルです。

 

ですので、タイム型の場合は『芝orダートや距離別』なんかで

分類して分析するのは理にかなっていますね。

 

対戦型の場合は、芝orダートとクラスで分類するならOKかと。

 

続いて、競馬場別の分類。

 

例えば、タイム型マイニング1位の東京競馬場、ダートの場合、

 

・2010年 勝率28% 単勝回収率99%

 

前述した通り、タイム型マイニング1位のダートの平均勝率は25%ですから、

東京競馬場の勝率28%はけっこう優秀だと思います。

 

単勝回収率も99%ですから、ちょっとヒネれば儲かるパターンと考えられる?(^^;

 

では、続きを見てみましょう。

 

・2011年 勝率25% 単勝回収率87%

・2012年 勝率23% 単勝回収率76%

・2013年 勝率25% 単勝回収率71%

 

このように、その後はガタガタです(^^;

2010年の成績を見て、

 

「東京ダートのマイニング1位はドル箱!」

 

なんて思ってしまったら、大損こくわけです(笑)

 

これはコンピ指数の時も言っていることなんですが、

指数を扱う時は、

「なんでこのパターンだと回収率が良いのか?」

これを誰に言っても納得してもらえる理由がないとダメです。

 

でないと再現する可能性は低くなります。

 

「JRA-VAN NEXT」で提供されている自由自在データマイニング分析なんかで、

条件を設定して集計していると、儲かるパターンがポコポコ出てきます。

 


予想の回収率と的中率をシミュレーション(JRA-VAN)

 

でも上記ページにあるような、

 

競馬場:東京

クラス:G1

コース:芝

世代:3歳以上

距離:2000メートル~2200メートル

 

こういう条件での研究は、少し危ういと考えた方が良いでしょうね。

 

私の場合は、儲かる条件を探しているのはなく、

対戦型マイニングの成り立ちから分析して、根幹から攻略したいんです(^^;

 

指数のロジックをすべて解き明かすのは難しいですが、

なぜ、この場合だとこの指数値になるのか?

 

というところを理解できるようにして、

対戦型マイニングの特性に合わせた攻略法を、日々考えています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

田中洋平

かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。