TARGETの外部指数化

ずっとTARGETの外部指数化するのに、
小倉競馬場のIDが2ケタなのが嫌だと思ってました。


TARGETの「旧レースID」は、


01→札幌
02→函館
03→福島
04→新潟
05→東京
06→中山
07→中京
08→京都
09→阪神
10→小倉


こんな感じで競馬場別にコードがあります。


例えば、先週月曜日の東京1レース、
1番イタリアンフェッテのレースIDは、


0513450101


これを分解すると、


「05」「13」「4」「5」「01」「01」


「競馬場」「2013年」「回」「日」「レース番号」「馬番」


こうなります。


「回」と「日」は16進数らしいのですが、分からないので無視(笑)


あと、このレースIDの後ろに、カンマと指数値を入れれば、
「外部指数」データの出来上がりですね(^^


イタリアンフェッテは、コンピ指数値は(51)だったので、


0513450101,51


これをパソコン内の任意の場所に置けば、
イタリアンフェッテの指数値は(51)なんやな!とTARGETが読み込むわけです。



流れは、


TARGETからレースIDを取り出す。


それをエクセルに貼り付けるんですが、


0513450101


エクセルが勝手に、
この先頭の「0」を自動で消してしまうんですよね(^^;


だから、3場開催だったら


813450101

913450101

1013450101


こんな風に小倉が1ケタ多くなってしまい、後々の処理が面倒になります。


2ケタなのは小倉だけなので、小倉に罪はないけど、データの処理がね(^^;


な~んてことを、竹内さんと飲んだ時に話したら、


「あ~それ、セルをテキストに設定して貼り付ければ大丈夫ですよ!」


と言われて試したら、確かに出来ます。


知らんかった!


今までのはなんやったんや!という一瞬解決(笑)


知ってました?


だったら、教えてくださいよ~(^^;



ってことで、知らなかった人のために、


エクセルのユーザー定義


上記ページは、「ユーザー定義」を設定する方法を書いてますが、
これを下から3番目の「文字列(テキスト)」にすればいいだけです。


他には、A列をクリックして指定した状態で、右クリック。


その中で、セルの書籍設定からも設定できます。


※エクセルのバージョンによっても違うと思うので、
分からない場合はネット検索してみてください。


そして文字列(テキスト)に設定したA列にレースIDを貼り付ければ、
先頭の「0」は消えないので快適です!


ぜひ試してみてください。



あ~それと、外部指数化?って人は、


ターゲットヘルプ


こちらをご覧ください。



外部指数化するための詳しい手順は、


◆競馬ソフトTARGETを効果的に使う為の解説書



この竹内さんの無料レポートをご覧になってみてください。


健闘を祈ります(^^

ABOUTこの記事をかいた人

田中洋平

かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。