あなたも落ちるかもしれない「コンピ攻略法」の落とし穴

 

誰もが落ちる可能性のある「コンピ攻略法」の落とし穴とは?

まず大前提に、コンピ指数は予測オッズだと考えてください。

コンピ指数をウィキペディアで調べたら↓

 

明確な誕生時期は不明とされているが、

事実上1970年代から掲載されていた

「コンピュータオッズ」という予想オッズの一覧が前身とされ

 

とあるように、ベースは予測(予想)オッズです。

つまり、コンピ1位指数値90というのは、単勝オッズ1番人気、1~1.9倍くらいという意味になります。

コンピ3位で70以上だと、だいたい2~3番人気で、単勝オッズ3~6.9倍の間くらい。

コンピ上位だと、このようにコンピ順位と値をみれば、当日の人気順位やオッズに変換することができます。

で、今日は何が言いたいか?というと、あなたのコンピ馬券術は、コンピ指数だけで完結してませんか?ということ。

 

コンピ馬券術は色々ありますが、代表的なのはコンピ指数1位が90の時に6位を狙う!みたいな出目理論が過去には流行しました。(※理論は適当です)

これをオッズに置き換えると、オッズの単勝人気1位が1~1.9倍の時に、6番人気の馬を買いなさい!と言われているのと同じですよね?

「その理論はスゴイ!単勝3万円分を買います!」

という豪快な人は少ないと思います。

6番人気と言われても、見る時間帯によって変わります。

レースが終わった時点のオッズは6番人気でも、レース発走の5分前は7番人気ということは、頻繁に見かけますよね。

実際、このようにコロコロと人気順位は変わります。

つまりコンピ指数(オッズ)だけで、ある順位の馬をピンポイントで指名するのは難しいのです。

だからゾーンで見ましょう!というのが私の考え方です。

レースによっては稀に発生しますが、8番人気が急に1番人気になることは通常少ないです。

でも8番人気が6番人気になることは、往々にありますよね。

だから6~8番人気あたり馬が好走しやすい傾向のレースを選んで、6~8番人気ゾーンをまずはゴッソリ抜き出します。

そしてその中から、走れそうな要素を持っている馬を選ぶのです。

この走れそうな馬を選ぶ部分は、コンピ指数やオッズ以外のファクターにしましょう。

血統でも騎手でも調教師でも、なんでもOKです。

競走馬の要素を予想に加えることで、血の通ったしっかりとした予想になります。

コンピ指数だけだと数字のゲームになりがちなので、気をつけましょう。

田中洋平のコンピ指数活用講座

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

田中洋平

かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。