メインレースの軸馬の精度が悪くないですか?

 

最近、コアホース・ネクストの、

コアA(連対率50%軸馬)のメインレースの精度が悪い!

というお声をいただきました。



全体で見ているので、

あまり個別のレースだけを意識したことがなかったのですが、

気になったので調べてみました。



期間は2011~2015年の5年間。



期間中9901頭の平均連対率は49.2%です。



そして競走番号別の連対率がコチラ↓



1R 53.9%

2R 54.0%

3R 50.8%

4R 50.5%

5R 47.4%

6R 48.7%

7R 47.7%

8R 47.9%

9R 50.2%

10R 44.0%

11R 47.5%

12R 45.0%



午前中は未勝利戦が多いので平均以上ですね。



そしてメインの11Rも連対率47.5%と、まずまずの成績。



ま~でも、午前と午後と比べたら、

やはりハンデ戦や重賞が行なわれる午後は精度が落ちます。



これは1番人気の成績が、午前と午後では違うように、

コアAの精度が多少落ちるのも、申し訳ないですが必然ですね。



全体で50%近くに収束するという考え方です。



ただ、目も当てられないほどガタ落ちではないですから、

「精度が悪い!」という印象を受けられたのは、

連続不的中など、タイミングが悪かったのかもしれませんね(^^;



50%の確率でも、サクッと4,5連敗することはありますし。



しかし、馬連10倍の馬券を当てたら

どのレースでも配当はちゃんと1000円をもらえますから、

ご自身が得意で当てやすいレースに参加されることをオススメします。

 

コアホース・ネクストをもっと詳しく

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

田中洋平

かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。